履行補助者の過失 大審院昭和4年3月30日第三民事部判決2010/03/30 20:20

【民法】
(債務不履行による損害賠償)
第415条 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

【判例】
又貸しされたが、座礁して返還されなかった漁船の所有者が貸した相手と更に又貸しで借りた二者を相手に損害賠償請求した。

【判決】
又貸しで借りた者の責も所有者から借りた者が負うべきとのこと。
ということは、二者を相手に損害賠償したけれど、又貸しの借主からは一銭も取れないが、もともとの借主に全部請求する、ということか。
借主は、所有者からこんなに金を取られたのはお前のせいだ!といって、又貸し先に損害賠償請求をするのかなぁ…

【債権者、債務者、履行補助者について】
所有者が債権者。
はじめに借りた人が、債務者。
又貸しで借りた人が、履行補助者。

【債務不履行について】
履行遅滞、履行不能、不完全履行の3種類

【参考文献】
「これならわかる 明解!民法判例」 自由国民社
「2009新六法」 三省堂
「実例六法全書 実例民法【改訂増補版】」 自由国民社

契約締結段階の過失 最高裁昭和59年9月18日第三小法廷判決2010/03/09 22:17

【民法】
なし

【判例】
建設されるマンションの一室を歯科医院用に購入希望の者から電気容量等について質問を受けた売主は意向確認無しに受水槽を変電室に変更し、電気容量変更契約をした。変更に伴う出費分の上乗せについて買主に告げたが、異議は無かった。が、買主は、購入資金の毎月の支払額が多額であることを理由に買取を断った。売主は、契約締結上の過失に基づいて変更費用等の賠償を求めた。

【判決】
契約準備段階における信義則上の注意義務違反を理由として、売主の損害賠償請求を肯定し、過失割合を5割とした。

【契約について】
「契約」は、広いんだなぁ…こんなたいそうなテーマでは書きようが無いです…
第521条~第696条まで…
広い。

第3編債権の第2章契約の構成は、
1節の「総則」に、契約の成立、契約の効力、契約の解除を規定。
2節以降に、贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇用、請負、委任、寄託、組合、終身定期金、和解の典型契約を定めている。

契約自由の原則は、
①契約締結の自由
②相手方選択の自由
③内容決定の自由
④方式の自由

他にも、なんか難しいことが一杯書いてあるけれど、長いので、これでとりあえず終了!

【参考文献】
「これならわかる 明解!民法判例」 自由国民社
「2009新六法」 三省堂
「実例六法全書 実例民法【改訂増補版】」 自由国民社

ジープの同乗隊員死亡事件 最高裁昭和58年5月27日第二小法廷判決2010/03/09 21:54

【民法】
(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)
第724条 不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害又は加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。

【判例】
ジープに職務上同乗を命じられた隊員が、命じた運転者が反対車線に突っ込んだために対向車と衝突して死亡した。遺族は8年後運転者を履行補助者とする国に対して安全配慮義務違反を理由に損害賠償請求した。

【判決】
運転者が当然負うべき道路交通法その他の法令を遵守するという通常の注意義務は、国の安全配慮義務に含まれない、ということで、原告敗訴。

【除斥期間について】
ウィキによれば、「除斥期間」は法律には出てこないそうです。

事故から3年以上経過してから受傷当時想定できなかった後遺症が現れたが、既に支払いを受けた治療費や慰謝料などの他に、後遺症分にかかる治療費の賠償を求められるか。
→通常想定できない損害についての消滅時効は事故時からではなく、その治療を受けるようになったときから始まる(最判昭和42年7月18日)。

【参考文献】
「これならわかる 明解!民法判例」 自由国民社
「2009新六法」 三省堂
「実例六法全書 実例民法【改訂増補版】」 自由国民社
wikipediaの「除斥期間」

種類債権の特定 最高裁昭和30年10月18日第三小法廷判決2010/03/08 21:40

【民法】
(種類債権)
第401条 債権の目的物を種類のみで指定した場合において、法律行為の性質又は当事者の意思によってその品質を定めることができないときは、債務者は、中等の品質を有する物を給付しなければならない。
2 前項の場合において、債務者が物の給付をするのに必要な行為を完了し、又は債権者の同意を得てその給付すべきものを指定したときは、以後その物を債権の目的物とする。

【判例】
漁業用タールの売買契約が成立し、受取方法は、買主が必要の都度申し出て、売主が指定する場所で受領するものだった。
一部受領したが、買主は品質が悪いからとその後引き取らなかった。が、3年後履行を催促した。
タールを既に処分していたため、買主は売主に手付金の残金の返還を請求したが、売主は受領遅滞を主張。

【判決】
「言語上の提供は、物の給付を為すに必要な行為を完了したことにならない」ということで、買主の勝ち、ということらしい。

【種類債権について】
一定の種類の物の一定量を引き渡すことを目的とする債権。
①ビール1ダースを注文した場合、配達途中で割ってしまったら、別の1ダースをちゃんと提供しなければ、契約完了しない。
→不特定債権の弁済の場所は債権者の現時の住所【民法第484条】
②どれでもよいので牧場の馬一頭を買いたいと注文があった場合、馬の個性に着目していないので、中等程度の馬を選んで引き渡せばよい。
③牧場の中から馬一頭を選んで運搬するよう依頼した場合、選んだ後に過失無く選んだ馬が死亡した場合には、代わりの馬の引渡しをする義務は無い。
→不特定物売買のときは、目的物が特定したときから危険は債権者(買主)が負担する【民法第534条第2項】

【参考文献】
「これならわかる 明解!民法判例」 自由国民社
「2009新六法」 三省堂
「実例六法全書 実例民法【改訂増補版】」 自由国民社

今年こそ司法書士 入門の入門2009/11/03 17:05

今年こそ司法書士 入門の入門
何も目指している、とまで言わないけれども、とりあえず勉強しています。ゆっくりと。

で、まず、この本を一読。
ものすごく、ざっくりと概説しているんだろうけれど、やはり分からない言葉が多かった。

しばらく間を置いて、再読するつもり。

口語調なので割りと読みやすかった。

司法書士法2009/10/20 22:44

司法書士法の項。

他の国家資格と並びは取れているみたい。

業務はさすがに違うけれど。

千差万別の個別事情を形式に当てはめる専門家、ということですね。
で、その当てはめ方やスピード、お客のニーズに対応したまとめ方に技術力が必要、という資格のようですね。

いずれにしても、法務局などからは離れて存在し得ない存在で、法治国家であるからこそ存在意義のある資格ですね…

満足2009/10/20 22:30

民事訴訟法の項。

「満足」は法律用語みたいね。
知りませんでした。

「債務名義」「差押え」「換価」「満足」がセット販売なのね。


さかのぼるけれど、民法。「遺言」は「いごん」だとさ。「ゆいごん」じゃないのか…

妻も「いごん」と言っていたな。そういえば。
高齢化が進み、「遺言」需要はあるだろうから、資格を取っておくことは、まぁ、いいことでは?というのが、妻の主張。

俺が取るより、妻のほうが間違いなく取りやすいはずなのだがなぁ…


で、民事保全法で、さらに守られるのね。
「仮差押え」「仮処分」か。

なんとなくイメージは沸くかなぁ…

納得いかない2009/10/19 20:55

「今年こそ司法書士!2010年版はじめの一歩」著:三木邦裕 自由国民社

をとりあえず読んでいるんだけれど、憲法、民法、刑法、商法、会社法、民事訴訟法まで来た。
おそらく、ものすごくざっくりした解説なんだろうけれど、今の私には、ちょうどよい感じ。

これまでで一番理解に苦しむのは、商法。
商的行為、が分からん…

これから民事執行法を見てみます。


しかし、一番納得いかないのは、妻は法学部卒。
なぜ、理系の俺がこの本読んでんだ?

ううぅぅ…

プログラム規定説2009/09/29 22:36

プログラム規定説が分からなかったので、ネットで調べてみた。

「朝日訴訟」と「堀木訴訟」というのが判例として重要らしい。

で、ネット上にある裁判所の判例検索システムを利用して朝日の方を見てみたら、pdfの全文が長い長い…

全部は読んでいない、というより最初の3枚を読んで挫折。ま、要は「努力義務」が国にはあるけれど、国民は、あまり調子にのって権利を主張しすぎんなよ、ということみたいですね。
ちょっとおせっかいな感じもするけれど、法的には問題なくても、それなりの基準にしておかないと、政治的な責任(=落選?若しくは下野?)はありうる、と指摘している。

しかし、この主文。簡潔でよいけれど、ちょっと酷くない?
要は、「上告人が死んだもんで判断もしません!おわり!」だモンなぁ。さすがにあまりに酷いと思ったからか、「なお、念のために」と上告理由に対する考えを述べてはいるけれど、結局上告は認めません、だもんなぁ。心情的には、ということだけれどさ。


う~ん。深いなぁ。

憲法を勉強した2009/09/29 20:31

憲法を勉強した。
へぇ~、と思ったのは以下のとおり。

①三権分立は「さんけんぶんりゅう」って読む。

なんか、さんけんぶんりつ、って習ったような気がするんだけどなぁ。

②衆議院の優越で、「法律案」は再議決が必要だけれど、「条約」は不要。

確かに、法律はなくならない限り国民を縛り付けるので、慎重に決める必要がある、という意味で、再議決が必要だったり、参議院の議決しない日数も60日と長いのは理解できるけれど、条約も結構縛るんじゃないかなぁ…
総理の指名が10日だったり、予算が30日だったりするのは、急ぐからだよ、という感じなんだろうけれど、条約はなんかいまいちしっくり来ないなぁ…

③緊急集会

これは知らなかった。衆院解散時の国としての意思決定をする必要が生じた際の想定は当然しておかなければならないから、概念上はないと困るので、あるとは思っていたけれど、学校で習ったかなぁ…
忘れてた、んだろうな。きっと。

④内閣総理大臣と内閣の権能

こりゃ忘れそう。何度も見ないと覚えられんなぁ。

⑤生存権は「プログラム規定」

なにこれ?
あくまで予定?
「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」
ではなくて、
「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有するようになる予定である」
ということ、とはいかなること?

⑥勤労の権利

国に対して「仕事を世話してくれ」という具体的な権利はないらしい。
でも、ハローワークはなんなんだ?
うーん。

⑦日本国憲法は帝国憲法の改正憲法

「朕は、日本国民の総意に基づいて、新日本建設の礎が、定まるに至ったことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第73条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。」
だとさ。
知らなかった。改正だったんだ。
でも、確かに、民法なんかは、明治からの法律だし。当然といえば当然か。
あまりにも原形をとどめないほどにかわったので、「新憲法」なんだね。
H210705からの閲覧者数:                                      現在の閲覧者数: