新コロは2年くらいは緊張感が少なくとも続くよね~、まさかGWまでって思ってない?……想像ですけれど。2020/04/14 00:31

すごく誤解があるようなので、念のためだけれども、今回のコロナ騒動は、コロナ以前と以後という歴史の転換点と思うので、終息しないと思います。
間違ってもGWまでで終息、とか間違った認識は良くないと思います。

すべて想像ですけれど。

疫病なので、完全に克服することは中々難しいでしょうね。将来的に数ある風邪の一種まで落とし込むことができたにしても、それが原因で死ぬ人はいるでしょう。
毒性を強めるかもしれませんし、感染力をより高めるかもしれませんし、もっと言えば、一度ががると根治が難しく、死が近づいて免疫が落ちてきたころに重症化するとか、色んなパターンが考えられますから。

犬猫にもかかるとすると、ペットや野良猫にずっと蔓延してことあるごとに復活するでしょうからね…。
薬剤などが開発されても、量産体制とその価格など考えると、すぐさま全世界に供給され、ほぼ終息、となるためにはやはり2年程度かかるでしょうしね。その間、3密を避ける取り組みは続けないといけないでしょう。それだけでなく、マスクや手洗い。仕方ないですね~。

災害って、あっという間に経過してしまう瞬間型と、徐々に進行していくタイプがあって、それは人間がこういった時間間隔で生きているからではあるのですけれど、疫病は、比較的ゆっくりな災害ですよね。
よく梅雨時期に来る洪水なんかは、疫病よりは進行速度が速いですが、落石とか交通事故とかは、かなり進行速度が速いですよね。その断面だけ見ると。

今まさに、新コロは進行中の災害なのだなぁ、とみています。
自分は助かるだろう、というのはすべての災害に言える正常性バイアスです。新コロは疫病としてはグローバル化で進行速度が速いかもしれませんが、ゆっくりで気が付かない、茹でガエル的な災害ですよね。

願わくば、3年後、私も生きていて、あの頃、そう思っていたな、と思い返せるといいな、と思っています。
震災前と後、と同様の時代の区切り、ですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cozy-zonked-quail.asablo.jp/blog/2020/04/14/9235140/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

H210705からの閲覧者数:                                      現在の閲覧者数: IQ Test