毛無山-阿佐山-三石山-天狗石山2014/05/17 19:07

温井ダム
山後帰宅。

シャワー前後で計測。

前68.7㎏、15.4%。
後68.5㎏、14.9%。


可計までバスで行って、そこで自転車を組み立てて、出発。

温井ダムや王泊ダムを通過し、細見の交差点を右折。その後、大暮川を遡上し深山に着。橋の上に自転車を止めて、鍵をかける。

山は、毛無山-阿佐山-三石山-天狗石山。休憩等込々で4時間20分程度。


橋を渡り、舗装林道を歩き、途中から毛無山へ。それほど時間もかからず。
その後、阿佐山へ。ここは双耳峰。南峰には先客がバーナーをつけている。こりゃ長そう。写真だけ撮ってパス。

MTB用の道と登山道用の道が途中分岐しているなど変な道。スキー場の一番上になっているところあたりが北峰。
こちらの展望台にも先客。先に降りて行ったけれど、ここもパス。

三石山まではほとんどフラット。道沿いは新緑が美しいのだけれども、なんとなく都市公園内でも歩いている気分。
こちらのピークにも先客。こちらも長そう。
ちょっとお話をしたけれども、先を急ぎましょう。

と少し行ったら舗装路。そのまま尾根伝いに行くと天狗石山の登山口。10分くらいで山頂。そこで少々ゆっくり。

折り返して降りはじめると、北峰でパスした夫婦が上がってきた。
オオヤマツツジは咲いていたか?とのことだったけれど、よくわかりません。
お役にたてずすみません。

あとは、舗装林道をひたすら降るのみ。

適当にショートカットしながら5㎞ほどを走って下って、終了。


帰還は時間もあったので全行程自転車にして、輪行は止め。
結構自転車で走っている人いたな。
でも、登山口までの移動手段として使っている人は私以外にはいなさそうでした。
自転車は全行程で102㎞。

写真は帰宅時にちょっと寄った温井ダムの写真。

高さは日本では黒部ダムに次いで2番目らしいですね。


しかし、しわいマラソン。こんなことろ走るのかぁ。なかなか手ごわそうですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://cozy-zonked-quail.asablo.jp/blog/2014/05/17/7312661/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

H210705からの閲覧者数:                                      現在の閲覧者数: IQ Test